Event is FINISHED

4/26(土)さとやとサミット(首都圏近郊里山/谷戸田サミット)@慶応日吉<満席御礼

“農で培う里山資本の循環”
Description

*当日の飛込み参加はできません。締切に間に合わなかった方は、後日アップする動画をご視聴ください。


地球規模での資源枯渇や食料危機、気候変動の影響が顕在化し、「成長の限界」が現実味を帯びはじめたなかで、今、持続可能な里山資源の活用や、日本の伝統に倣った循環型の山里暮らしが注目を集めています。そこで農力向上委員会では、「里山資本主義」を提唱されている藻谷浩介氏をお招きし、首都圏近郊の里山や谷戸の資源を活かして持続可能な農作業体験の受入を行っている団体を一堂に集める「さとやとサミット(首都圏近郊里山/谷戸田サミット)」を開催します。


1.概要

*催名:首都圏近郊里山/谷戸田サミット“農で培う里山資本の循環”

*日時:2014年4月26日〔土〕12:40開場/13:00開演~18:00終了予定

*場所:慶應義塾大学日吉キャンパス独立館D201教室

*参加:事前予約制無料(1口500円で事前カンパ募金実施)

*定員:第1・2部:150名/第3部:100名

*主催:首都圏近郊里山/谷戸田サミット実行委員会

*事務局:一般社団法人 都市生活者の農力向上委員会

*実行委員会世話人:前野隆司氏(慶應義塾大学大学院教授)

*備考:

・サミットの模様は動画で収録し、後日インターネットで公開予定です。

・ワークショップを実施する関係上、座席はブロック指定となります。

・お申し込みは1人1枚、本人限定で手続きをお願いします。

2.プログラム

<第1部(13:00~)>

*開会/来賓紹介

・実行委員会世話人挨拶:前野隆司氏(慶應義塾大学大学院教授)

*事例紹介:

・金子美登氏(有機篤農家/埼玉県小川町霜里農場主)『有機農業の多面的役割』

・舘野廣幸氏(有機農業アドバイザー/栃木県野木町舘野かえる農場主)『里山のいのちが育む有機農業」

*基調講演:藻谷浩介氏(日本総研)『持続可能な里山資本主義社会のあり方』

*経過報告:シキタ純氏(ビーグッドカフェ):『限界集落イキイキ宣言について』

  =休憩=

<第2部(15:10~)>

*里山有機/自然農体験受入団体ショートプレゼン

・竹本亮太郎氏(檜原プロジェクト:檜原村)

・木村広夫氏(農に学ぶ環境教育ネットワーク:横浜市/町田市)

・林良樹氏(鴨川地球生活楽校:鴨川市)

・高坂勝氏(SOSAプロジェクト:匝瑳市)

・加藤大吾氏(都留環境フォーラム:都留市)

・他

*里山資本主義者連帯宣言

<第3部(16:30~)>

*ワークショップ「私がしたい里山生活」

・実現シート記入:「私が提案する里山生活体験プログラム」

3.参加者同士の交流

*メーリングリスト参加希望:申込フォームで申請してください。

*フェイスブックグループ参加希望:「里山資本主義者同盟」に参加申請してください。


Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-04-23 02:23:16
More updates
Sat Apr 26, 2014
1:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
慶応大学日吉キャンパス独立館D201教室
Tickets
カンパ4口参加 ¥2,000
カンパ2口参加 ¥1,000
カンパ1口参加 ¥500
優待無料参加
一般無料参加

On sale until Apr 25, 2014, 9:00:00 PM

Venue Address
神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1 Japan
Organizer
有機農業の明日を語る会
13 Followers
Attendees
163 / 163